縛友会とは、縄を用い「縛り」「緊縛」を愛好する者の会である。
縛りに関し理解のある者が互いの嗜好を認め緊縛を共通とし個々の手腕を高めつつ、技法における法度を重んじ得る会とします。

縛る側、縛られる側、またその何れかにも属さずとも縛り、緊縛に理解があり興味のある者であれば入会して頂けます。
但し、未成年者の入会は一切認めません。
この会は縛り・緊縛に趣を置いています。初代総代に明智伝鬼氏を迎え、古来より我が国に伝えられて来た「縛り」を現代に受け継ぎ、継承することも大きな目的にあります。
また、これらの古き由来のある縛りをパフォーマンスではなく、技法して修練すべく古典緊縛と位置づけ、明智伝鬼氏の意思を強く継承するのが特色です。


縛友会のあゆみ
■ 1996年 縛友会発足 総代「明智伝鬼」氏、主代「神浦 匠」
講習会開始
サロン不定期開催
■ 2003年 定期的にサロン開催
■ 2005年 緊縛道場開始
■ 2006年 二代目総代「神浦 匠」襲名